お金を借りる理由

まず借金を内緒にしていたというのは理由があるからではないかと思います。
理由によってですが、例えば、自分の遊興費に使ったために内緒にしたでは
話になりません。
家族のためなら、なせそんなことになったのかを聞きます。
どんなことにも理由があるのではないでしょうか。
もしその理由がきちんとしたお金の使い道なら、それは認めます。
認めるという言葉はおかしいですが、道理が通っているなら仕方なかったとします。
お金を借りるというのは余程のことだと思っています。
働いているのに借金があることもあります。ただ、生活していく上で
どうしてもしなければならなかった借金もあるかと思います。
経済の不安定で会社の倒産も起こりうることです。その場合は望んでしたことではなく
予想もしていなかった事態になったということです。
人生の中でお金に困らずに生きている人は何人いるでしょうか。
大なり小なりお金を大切に使っていても、なにかのきっかけでお金を失うこともあります。
一人ひとり様々な人生を送っているのです。
真面目に生きていてもお金が足りない人生を送ることもあります。
それはどんなに頑張っても補充のできないこともあります。
けれど、内緒というのはとても相手に不安を与えます。心配をかけたくないあまりと
聞こえはいいです。内緒と言うのはいつかどこかでわかるものです。
それならいっそのこと、すべてを話してもらった方が気持ちが嬉しいです。
結局、内緒という行為そのものが嫌ですね。